2019年3月26日

鉄連・北野新会長、過剰能力解消など重点

 日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール副社長)は25日、就任後初の記者会見に臨み、鉄鋼連盟として2019年度は「世界的な鉄鋼過剰生産能力の解消、日本の中長期的発展のための基盤整備、安全水準の向上、国内外の社会基盤づくりに寄与する市場開拓活動の推進、持続可能な地球温暖化対策の推進などに取り組む」方針を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)