2019年3月27日

高炉メーカー 上期薄板生産、在庫調整型に

 高炉メーカーは上期の薄板の国内向け生産について在庫調整型の慎重な生産計画とするもようだ。国内需要が堅調に推移する一方で、高炉の生産キャリーオーバーの解消と過剰な輸入材の手配などで在庫が適正レベルを超える水準にあると判断しているためで、ひも付き分野のサプライチェーンの各段階での在庫量、店売り販売の状況などを精査し、状況によっては国内向けの引き受け抑制を検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)