2019年4月19日

セイケイ・堺、パワードウェア採用 重筋作業の軽減狙う

 セイケイ(本社=栃木県佐野市、得田儀生社長)はATOUN社のパワードウェア「ATOUN MODEL Y」を1台購入、今年3月から堺製造所(堺市西区)の重筋作業場で使用を開始した。「働き方改革の実施」や「作業員不足の対策」の一環として、作業者の重筋作業の軽減に寄与させるのが狙い。今後は本社・佐野製造所での採用や、堺製造所でも使用台数を増やしていく方向で検討していく。また、18日には堺製造所でマスコミを対象に実機のデモンストレーションを行った。

おすすめ記事(一部広告含む)