2019年5月15日

吉田鋼業 大型鋼材二次加工、7月から本格化

 吉田鋼業(本社=大阪府東大阪市西石切町、吉田清社長)は泉大津臨海工場の大型鋼材の二次加工体制の強化を進めているが、作業完了は当初計画の6月末となる方向だ。設備メーカーの設備製作・納入がタイトとなっており、この影響もあって、整備の時間を要しているもの。ただ、7月からはH形鋼についてはウェブ高で最大1500ミリサイズ、コラムについては最大角1000ミリサイズの一貫加工を本格的に開始する方針。

おすすめ記事(一部広告含む)