2019年5月16日

18年度普通鋼受注、国内向け4355万トンに減

 日本鉄鋼連盟が16日発表した用途別受注統計によると、2018年度の国内向け普通鋼鋼材受注は前年度比1・0%減の4355万2000トンと3年ぶりの減となり、輸出向けは9・2%減の2136万トンと3年連続の減となった。トータル受注は3・9%減の6491万2000トンと2年連続の減少となった。

おすすめ記事(一部広告含む)