2019年5月23日

大阪製鉄・6月契約、一般形販価据置き

 大阪製鉄は23日、6月契約分の一般形鋼販売価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。ボルト不足などが建築向けを中心とした製品市場に影響を与えているものの、「一時的に足踏みしている状況で需要自体は底堅く推移していく」(同社)として販価を据え置いた。

おすすめ記事(一部広告含む)