2019年7月5日

桂スチール 岡山に新工場、10月完成 小物部材の加工強化

 桂スチール(本社=兵庫県姫路市、三木桂吾社長)は来月(8月)から、新工場「友延工場」の建設工事を開始、今年10月に完成させ、稼働させる。工場建屋を新築するとともに、建屋の隣接地にテント付きの製品ヤード(BH、鉄骨用)を整備するもので、投資金額は約16億円(土地代を含む)。新工場ではガセットプレートや建築用の小物部材の加工強化を図るとともに、BHや建築鉄骨など製品置場を拡充するのが目的。将来的には敷地内の遊休地に太陽光パネルを設置し、備前地区の自社工場用の電力として活用する方針。

おすすめ記事(一部広告含む)