2019年7月23日

神戸製鋼など、全蒸気回収コージェネで日本ガス協「技術賞」受賞

  神戸製鋼所は東京ガス、三菱重工エンジン&ターボチャージャ、三浦工業と2015年に開発したガスエンジンの廃温水を蒸気として回収する「全蒸気回収ガスエンジンコージェネレーションシステム」が、日本ガス協会主催の19年度「技術賞」を受賞した。蒸気回収量が1・5倍以上に増加、発電効率と蒸気回収効率を合わせた総合効率は約71%と世界最高を達成したシステムで、神鋼の変換された低圧蒸気を工場の生産工程で利用可能な圧力まで昇圧する「スクリュ式小型蒸気圧縮機」など4社の技術を組み合わせて実現させた。  なお、今月17日に東京・千代田区のイイノホールで授賞式が行われた。

おすすめ記事(一部広告含む)