• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2019年8月29日

19年度造船・海洋構造物用鋼材消費見通し、2年ぶり減322万トン

 2019年度の造船・海洋構造物用鋼材消費(購入)量は321万8331トン(前年度比3・5%減)の見通しで、2年ぶりに前年度実績を下回る。日本造船工業会がまとめた造船関係資料によると、本年3月に策定された本年度見通し317万6675トンより1・3%上方修正された。ただ、18年度実績も3月時点の308万4986トン(前年度比4%減)から333万4456トンに上方修正、2年ぶりのプラスとなったため、19年度見通しは前年度比減に変更された。20年からのSOX(硫黄酸化物)排出など環境規制の強化を受け、当初は受注増に転じ、鋼材需要も増加するとみられていたが、新造船受注のペースは上がらず、一昨年の低水準の受注や船価低迷も映してマイナス見通しとなった。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 日刊産業新聞DIGITAL または 産業新聞本紙のご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/01/27
H2新断プレス
24300円 (-400)26500円 (-500)
220.79ドル (-2.56)240.78ドル (-3.37)

 換算レート (TTS) 110.06円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/01/27調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6800063000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8100082000
鉄スクラップ
H2-14000-12000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -668 -663 -666 -661
電気亜鉛 -304 -298 -304 -298
電気鉛 265 262 266 263
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ