2019年9月9日

京江シャーリング、在庫ヤード拡張 保管能力1500トン増へ

 有力コイルセンターの京江シャーリング(本社=千葉県浦安市鉄鋼通り、下河原英道社長)は来月、本社工場の在庫ヤードを拡張する。物流コストの上昇が続く中、外部の営業倉庫の使用量を減らすことで、負担軽減を図る。加工設備の一部を第二工場(千葉県浦安市港)に移設し、置き場に転用。保管能力は1500トン増加する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)