2019年10月1日

神戸製鋼所 真岡発電所1号機、営業運転を開始

神戸製鋼所は1日、同社100%子会社のコベルコパワー真岡が発電規模124万8000キロワットに達する真岡発電所(栃木県真岡市)で1号機の営業運転を開始したと発表した。62万4000キロワット2基の構成で、2号機は2020年前半の営業運転開始を目指す。東京ガスから都市ガスの供給を受け、最新鋭ガスタービン・コンバインドサイクル発電方式による国内最高レベルの効率で発電する。神鋼グループは電力事業を素材系、機械系事業と並ぶ三本柱の一つと位置付け、神戸発電所1、2号機の安定操業と、真岡市、神戸市の新規発電プロジェクトを推進。建設中の神戸発電所3、4号機が営業運転を開始する22年度にはグループの発電規模は合計約400万キロワットとなる。

おすすめ記事(一部広告含む)