2019年10月4日

関東デーバースチール、販価再交渉を開始

大手電炉メーカー、合同製鉄と朝日工業の鉄筋棒鋼共同販売会社、関東デーバースチール(本社=東京都千代田区、山﨑晃生・合同製鉄常務取締役)は、合同製鉄が実施している鉄筋棒鋼の契約形態見直しに基づき、2019年10月から販売価格の再交渉を開始した。販売価格再交渉の対象は18年10月に契約した案件のうち、「契約後1年」を超えるとともに、出荷数量が契約した数量の9割を下回っている案件(100トンの契約であれば10トン以上が未出荷の状態)で、同月契約全体の4%にあたる。需要の低迷や鉄スクラップ価格下落などの影響を受けて、足元の鉄筋棒鋼市況は軟弱展開が続いており、再交渉価格は18年10月契約時よりも下押したもようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)