2019年10月24日

全国粗鋼、19年度上期3%ダウン

 日本鉄鋼連盟が23日発表した2019年度上半期(4―9月)の全国粗鋼生産量は前年同期比3・0%減の5067万トンだった。炉別生産は転炉鋼が1・6%減の3864万トン、電炉鋼は7・2%減の1203万トン。鋼種別は普通鋼が1・8%減の3870万トン、特殊鋼は6・5%減の1197万トン。熱間圧延鋼材(普通鋼・特殊鋼の合計)生産は3・7%減の4424万トン。中国景気後退などによる外需減少が響き、特に電炉特殊鋼の生産が減少した。

おすすめ記事(一部広告含む)