2019年11月1日

大同特殊鋼、4―9月経常益22%減 通期予想を下方修正

大同特殊鋼が31日発表した4―9月期連結決算は、売上高が前年同期比6・4%減の2524億7600万円、営業利益は同18・2%減の137億1100万円、経常利益は同22・0%減の137億1100万円、純利益は同4・6%増の112億5700万円。特殊鋼鋼材や磁石製品などの販売数量減などにより売り上げ、利益ともに減少。ただ純利益は川崎テクノセンターの土地売却益などにより前年同期を上回った。中間配当は当初予定通り55円(前期65円)。

おすすめ記事(一部広告含む)