2019年11月12日

JFEスチール、19年度単独粗鋼生産2700万トンに下方修正へ

 JFEホールディングスは12日、鉄鋼事業における国内外の需給環境が下期に入って急速に悪化していることを受けて、JFEスチールにおいて下期を中心に100万トンの生産調整を実施し、2800万トンと想定していた2019年度の単独粗鋼生産量を2700万トンに下方修正する方針を明らかにした。通期利益予想を大幅に下方修正したことを受けて、設備投資計画を圧縮し、政策保有株式売却も加速する。

おすすめ記事(一部広告含む)