2019年11月18日

高炉大手 四半期価格 主原料20%下落へ

 高炉大手が主原料を調達する四半期価格が見えてきた。業界関係者によると、来年1―3月の鉄鉱石は10―12月比20%下がる情勢。5四半期ぶりの下げ。10―12月の強粘結炭は7―9月比20%下がりそうだ。4期連続の下げ。鉄鉱石も原料炭もスポット市況の下げを反映する。中国の粗鋼、銑鉄生産は比較的高水準が続いているが、中国以外の鉄鋼メーカーが各地で減産し、原料の所要量も伸び悩んでいるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)