2019年11月18日

インド最高裁 エッサール買収承認 ミッタル・日鉄運営へ

インド最高裁は15日、世界鉄鋼最大手の欧州アルセロールミッタルと日本製鉄による印鉄鋼大手エッサールスチールの買収を承認した。会社法上訴裁判所(NCLAT)が本年7月にミッタルの買収を認め、10月に最高裁でNCLATの命令に対する上訴審が結審していた。買収後にミッタルと日本製鉄は合弁でエッサールを運営する。

日本製鉄はエッサールを成長するインド市場を捕捉するための重要拠点とする。ミッタルと米国での自動車用鋼板製造などで合弁事業の経験を持ち、新興のインド市場でも共同で鉄鋼事業の拡大を図る。エッサールの出荷量を中期的に850万トンに拡大し、将来1200万―1500万トンへの拡張を視野に入れる。

厚鋼板と薄鋼板を主力とし、年産能力800万トンを持つエッサールは金融機関からの約5000億ルピー(約7500億円)の借入金が負担となり、2017年に破綻。NCLATに処理が付託され、買収に名乗りを上げたミッタルの再建計画をNCLATが認めていた。

おすすめ記事(一部広告含む)