2019年11月18日

トーカイ、来月から異形棒D51の販売開始

 合同製鉄グループの電炉メーカー、トーカイ(本社=福岡県北九州市、足立仁社長)は18日、12月1日から異形棒鋼D51の販売を開始すると発表した。12月ロールから製造を始め、2020年1月から出荷する。対応鋼種はSD345、SD390、SD490。サイズエキストラはトンあたり2万円とする。これにより、同社および九州製鋼(清本邦夫社長)の販売会社である九州トーカイ・デーバースチール(矢野哲也社長)はD10からD51までのフルサイズに対応可能となった。

おすすめ記事(一部広告含む)