2019年11月26日

コマツ、カラジャスにAHS導入 24年までに37台稼働へ

コマツ(小川啓之社長)はこのほど、鉄鉱石生産の世界最大手、ヴァーレが保有するブラジル北部の世界最大級のカラジャス鉄鉱山向けに、電気駆動式超大型ダンプトラック930Eと無人ダンプトラック運行システム(AHS)を導入し、本年11月から順次AHS稼働を開始すると発表した。24年までに930Eを合計37台の稼働を計画する。

おすすめ記事(一部広告含む)