2019年11月27日

日本製鉄、豪州原料炭鉱 グロブナーの権益取得

日本製鉄は27日、英資源大手のアングロ・アメリカンの豪原料炭鉱、グロブナーの権益を日系パートナーとともに取得すると発表した。日本製鉄は8640万豪ドル(約66億円)で権益5%を取得する。日本製鉄がアングロ・アメリカン、日系企業と操業しているモランバノース炭鉱に隣接するグロブナーにも参画、権益比率を合わせることで、両炭鉱の経営を統合し、操業効率化、生産量拡大を目指す。日本製鉄は戦略投資を通じてサプライヤーと関係を強化し、主原料を長期安定確保する。

おすすめ記事(一部広告含む)