2020年1月21日

関西の異形棒市況、上げ基調一服

 関西地区の異形棒鋼市況は昨年12月までの底上げ基調が一服し、6万2000―6万3000円(トン当たり、メーカー直送、ベースサイズ)どころでこう着状態となっている。ゼネコンが昨年11月段階で期近物について一定量手当てし、その後は買い控え姿勢をとっていることから、流通も唱え引き上げがしづらい状況となったため。ただ、地区メーカーは強気の販売姿勢をとっており、流通は下げ対応もできないこともあって、当面、市況は強横ばいで推移する方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)