2020年2月18日

東海カーボン、22年営業益目標540億円

 東海カーボンは17日、2022年の連結営業利益目標を540億円に設定したと発表した。21年に1130億円だった1年前の計画を見直し、22年でほぼ19年並みに再設定した。鉄鋼需要の急激な冷え込みで電極の事業環境が大きく悪化しており、投資計画も見直した。会見した長坂一社長は前提条件の変化に応じて投資計画など見直したものの、電極とカーボンブラックを中核とする収益基盤強化の方針は変わりないとし、課題に取り組む考えを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)