2020年2月21日

西山鋼業 治具製作・販売を開始

 薄板加工販売やプレス加工、金型設計・製作などを行う西山鋼業(本社=東京都荒川区、西山寬社長)は金型事業で培った技術を生かし、外部への本格的な治具製作・販売に乗り出す。品質や作業効率の向上を目的として、溶接や検査などの工程で治具が用いられる機会が増えており、こうした需要を取り込む狙いだ。26日から千葉市の幕張メッセで開催される「第24回機械要素技術展」に出展し、実物を展示して、技術力をアピールする。

おすすめ記事(一部広告含む)