2020年9月24日

西山鋼業、間仕切り製品好調 高さ800ミリまでサイズ拡大

 薄板加工販売やプレス加工、金型設計・製作などを行う西山鋼業(本社=東京都荒川区、西山寬社長)はこのほど、新型コロナウイルスなどの飛沫感染対策用アクリルパーテーションのラインアップを拡充し、顧客からのリクエストが多かった高さ700ミリ超に対応する「5ミリ厚タイプ」を発売した。スタンド部分のスタイリッシュなデザインが好評で、応接室やクリニック向けの販売が伸びており、累計販売台数は250台を突破。7月の本格販売開始以来、フル生産で対応している。

おすすめ記事(一部広告含む)