2020年6月25日

西山鋼業、飛沫対策の間仕切り開発

 薄板加工販売やプレス加工、金型設計・製作などを行う西山鋼業(本社=東京都荒川区、西山寬社長)はこのほど、飛沫感染対策などに活用できる「アクリルパーテーション」を自社開発した。金型事業で培った技術を生かし、独自形状のスタンドを設計・製作。重心が安定して転倒しにくく、取り外し可能のため、除菌・清掃などのメンテナンス性に優れる。今月から開始した試験販売で好評を得ており、7月から本格的な販売に乗り出す。

おすすめ記事(一部広告含む)