2020年2月25日

永井鋼業 ファイバーレーザー増設 4月から

 永井鋼業(本社=神戸市西区、永井幸雄社長)は3月に本社工場に三菱電機製のファイバーレーザー「ML6030XL―F60」1基(出力=6キロワット)を導入し、レーザー設備を3基体制とする。本格稼働は4月から予定している。既存設備の老朽化に対応し、生産効率を引き上げるとともに、新規の厚板加工の受注を強化し、収益力の向上を図るのが狙い。稼働後はレーザー加工の受注量が増えれば、夜間操業も予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)