2021年3月15日

小野建・堺 ファイバーレーザー 大板対応機を導入

小野建は大阪支店(木下正祥支店長)の堺スチールセンター(堺市西区築港新町)に日本初の大板8尺×20尺サイズに対応した10段大型パレットチェンジャーを付帯したアマダ製のファイバーレーザーマシン1基(出力=6キロワット)を導入し、3月8日から本格稼働させた。これにより、レーザー設備は堺スチールセンターで4基、小野建グループで12基となる。

おすすめ記事(一部広告含む)