2020年2月28日

南海鋼材、金型設計サポート開始 図面おこし人手不足対応

特殊鋼流通の南海鋼材(本社=大阪府堺市、福原實晴社長)は、金型の設計を請け負うサポート事業を開始した。人手不足や作成時間がかかるため、手が付けられていないユーザーの金型の図面おこしなどを行い、サービス向上による競争力強化につなげる。  利用者は金型本体やデータを提出し、南海鋼材はその内容を基に下図を作り、利用者の希望と擦り合わせて調整し、図面を作成する。

おすすめ記事(一部広告含む)