2014年1月20日

南海鋼材、上海の金型製造合弁 3月中旬に工場操業

 特殊鋼流通の南海鋼材(本社=堺市、福原實晴社長)が中国・上海市で設立準備を進めていた熱間鍛造用金型製造の合弁会社「南鋼岡谷模具(上海)有限公司」が本格稼働を開始する。昨年11月に現地の営業許可を取得したことで営業活動を開始。本年2月中にはマシニングセンターなどの設備を設置し、3月中旬をめどに工場が操業に入る。日系の自動車部品メーカーを主なターゲットに販売を行い、当面の売り上げ規模は2014年12月期で3億5000万円、15年同期で5億円を計画。需要増加に伴い、順次生産規模も拡大する。

おすすめ記事(一部広告含む)