2020年3月2日

愛知製鋼、ステンレスカンパニーを新設

 愛知製鋼は2日、4月1日付で新たにステンレスカンパニーを新設するなど組織改定を実施するとともに、役員階層を統合するなど役員体制の変更を行うと発表した。  2017年4月に製品を軸とした社内カンパニー制を導入、鋼カンパニー、鍛カンパニー、スマートカンパニーの3本柱で自立経営を重視した展開を進めてきたが、今回、ステンレス事業を新たな事業の柱とするため、鋼カンパニーからステンレス事業を分離独立させる形でステンレスカンパニーを新設し、4カンパニー制とするもので、これに伴い、ステンレス鋼事業部を「ステンレス事業統括部」に名称変更し、鋼生産技術部ステンレス鋼技術室を「ステンレス生産技術部」に改組、さらに刈谷工場をステンレスカンパニーに移管する。

おすすめ記事(一部広告含む)