2020年3月11日

宝武集団、湛江に高炉2基増設 年産能力2000万トン規模へ

 2019年に世界粗鋼生産首位に立った中国の宝武鋼鉄集団はさらに能力を大幅に拡大する方針だ。広東省の製鉄所で建設中の第3高炉に続き、第4・第5高炉の建設を計画。第5高炉完成後に年産2000万トン規模と同社最大の製造拠点となる。江蘇省で年産2000万トンの新製鉄所の建設を進め、企業買収も国内外で検討。世界粗鋼シェアを意識して能力をさらに増やし、収益力と国際市場での存在感を高める狙いだ。

おすすめ記事(一部広告含む)