2021年11月22日

宝武集団 製鉄低炭素へ中国で新団体 海外大手も参画

【上海支局】中国鉄鋼最大手・宝武鋼鉄集団が発起人となって世界低炭素冶金イノベーション連盟が中国で18日に発足したと同社が19日に発表した。鞍鋼集団や河鋼集団など国内鉄鋼20社とアルセロールミッタルやティッセンクルップ、タタ製鉄、ヴァーレ、リオティント、BHPなど海外鉄鋼・資源会社、国内外の大学・研究機関が参画した。製鉄の低炭素化に関連した技術の開発や協力、交流を行い、鉄鋼価値の新チェーンを形成する。

おすすめ記事(一部広告含む)