2020年3月23日

神戸製鋼 東南アの鋼材営業支援機能 タイ統括会社に一元化

神戸製鋼所は23日、シンガポールの100%子会社、コウベ・スチール・アジア(KSA)を本年5月に閉鎖し、業務を東南アジア地区の統括会社、コベルコ・サウスイースト・アジア(タイ・バンコク市、KSEA)に移管すると発表した。東南ア地域の鋼材の営業支援や技術サービス拠点をKSEAに一元化することで活動体制の効率化を図り、需要家へのサービス機能を充実させる。

おすすめ記事(一部広告含む)