2020年3月26日

千曲鋼材 ABREX、WEL―TEN 北海道に在庫拠点

特殊鋼鋼板を主体とする厚板加工販売業の千曲鋼材(千葉県浦安市、鈴木聡社長)は25日、北海道の産鋼スチール(小樽市、上遠野久夫社長)と寄託契約を締結し、同社の銭函工場内(小樽市)に日本製鉄の耐摩耗鋼板ABREX(アブレックス)、高張力鋼WEL―TEN(ウェル・テン)の在庫を開始したと発表した。産鋼スチールサイドでも、これらの在庫製品を活用し、道内で展開。両社で道内の流通などに販売し、ABREX、WEL―TENのブランド浸透を図っていく。これまで北海道は本州経由で販売していたため、道内の耐摩耗鋼、高張力鋼の需要捕捉には限界があった。在庫は80トンレベルから着手、順次、サイズや鋼種を広げ拡販に当たる。

おすすめ記事(一部広告含む)