2020年4月3日

全国CC 2月出荷 前年比1割減、10年以降で最低に

全国コイルセンター工業組合(理事長=鈴木貴士・五十鈴社長)がまとめた流通調査結果によると、2月のコイルセンター出荷量は127万2331トンと前月比0・6%減少し、2月としては2010年以降で最低となった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が直撃し、大口需要家向けを中心に加工や出荷が停滞した。すでに生産調整が行われている自動車に限らず、機械や建築などの需要分野でも、中国をはじめ海外からの部品調達が滞り、生産や施工への影響が生じている。

おすすめ記事(一部広告含む)