2020年4月6日

関西地区 異形棒市況6万円割れ コロナ影響

 関西地区の異形棒鋼市況は先週にトン当たり1000―2000円下落し、2017年9月以来、約2年7カ月ぶりに6万円を割り込んだ。中心値は5万8000―5万9000円。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で新規の建築案件の延期・一時休止が表面化する中、東京製鉄が4月契約の製品価格を大幅に引き下げたことでゼネコン各社が鋼材手当てを見送る姿勢を見せている。このため、流通は少ない引き合いに対して価格面で折れ、6万円台の維持が難しくなった。新型コロナの終息時期は見えず、市況はなお軟化含みの状況が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)