2020年4月20日

大阪地区市況、鉄スクラップ軟化傾向 メーカー制限で荷余り感

 大阪地区の鉄スクラップ市況が軟化傾向にある。先週中にメーカーの大半がスクラップの荷受け制限や荷止めを行うなど、ヘビースクラップを中心に荷余り感が生じている。鋼材需要の低迷などによる減産でメーカーの鉄スクラップ購入意欲が低下する一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響で先行きが見通せず、「先安懸念が根強い市中からメーカーへの鉄スクラップ出荷が進んだことなどが需給バランスに影響している」(流通筋)という。

おすすめ記事(一部広告含む)