2020年4月21日

JFEスチール、CO2固定技術共同開発へ 鉄鋼スラグなど活用

JFEスチールは20日、鉄鋼スラグなどを活用し、二酸化炭素(CO2)の炭酸塩固定技術に関して太平洋セメント、地球環境産業技術研究機構(RITE)と共同研究すると発表した。鉄鋼スラグ、廃コンクリートから湿式で抽出したアルカリ土類金属を活用、工場などから排出するCO2との反応で炭酸塩として回収する技術開発、炭酸塩の有効利用技術開発を軸に3者の研究会を設置、協力して取り組む。

おすすめ記事(一部広告含む)