2020年4月21日

大同特殊鋼、熱処理設備を追加導入 知多第2工場 焼戻し炉で品質強化

大同特殊鋼は、IHI愛知事業所(愛知県知多市北浜町)の土地・建物の一部(約22万平方メートル)を取得し新設した知多第2工場に、新たに熱処理設備(焼戻し炉)1基を追加導入する。2020年度中をメドに、加工能力拡大を狙いに導入する予定の熱処理設備(焼入れ炉)とは異なり、品質をよくするための炉で、21年夏の超音波探傷機の導入にタイミングを合わせ設置する。

おすすめ記事(一部広告含む)