2020年5月18日

19年度 普通鋼内需 50年ぶり4000万トン割れ

日本鉄鋼連盟が18日に発表した用途別受注統計によると、2019年度の国内向けの普通鋼鋼材受注量は3966万7000トンと前年比8・9%減り、2年連続減少した。4000万トンを割ったのは1969年度以来。リーマン・ショック時の09年度は4070万トンだった。
おすすめ記事(一部広告含む)