2020年6月10日

6契Ni系ステンレス冷薄、市況下げ止まり見通し

 国内ステンレスメーカーが2020年6月契約分の店売り販売価格を引き上げたことで、新型コロナウイルス感染拡大などで、軟化しているニッケル系ステンレス冷延薄板市況が下げ止まる見通しが強まってきた。販価を引き上げた製品は今夏以降で流通などに出荷されるものの、心理的影響が大きく、「メーカーが値上げを打ち出したことで、市況の下落に歯止めがかかる」(流通筋)との見方が大勢を占めている。

おすすめ記事(一部広告含む)