2020年6月12日

岸和田製鋼 今秋、圧延改造に着手

関西地区異形棒鋼メーカー大手の岸和田製鋼(本社=大阪府岸和田市、鞠子重孝社長)は、今秋に圧延工程の改造工事に取りかかる。中間圧延機を一新し、生産サイズが変わるたびに行うロール交換の回数を減らして生産性を高めることが狙い。定期的に行う必要のあるロール交換の回数を減らすことにより、現場作業員の負担軽減にもつなげたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)