2020年6月12日

明海リサイクルセンター、ダスト選別工場を建設

【豊橋】トピー工業のグループ会社で金属スクラップおよび産業廃棄物の回収・加工(破砕・選別)を手掛ける明海リサイクルセンター(本社=愛知県豊橋市明海町1、橋本諭幸社長)は、2021年10月の完成、稼働開始を目指し「ダスト選別工場(仮称)」を建設する。シュレッダーダスト(SR)と自動車破砕残さ(ASR)からさらに非鉄金属の回収率を高める投資で、このほど着工。工場建屋と設置予定のダスト精密選別機などを含め、総投資額は約10億円を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)