2020年6月12日

飯島鋼管、吉川工場のC棟拡張

鋼管の流通・加工大手の飯島鋼管(本社=東京都江東区、飯嶋敏彦社長)は今月、主力の吉川工場(埼玉県吉川市)のC棟を拡張し、在庫から切断・出荷までワンストップで行える体制を整えた。鋼管などを切断していたB棟からは切断機と帯鋸盤をC棟に移設し、B棟の空いたスペースに複合NC旋盤機を、機械加工を担っていたA棟には業界最大級の長さ8メートルの研磨機を年内に新設する計画。同工場のA、B、C棟を機械別レイアウトから生産品別ラインに改編し、より効率的な切断加工体制を構築する。拡張した土地、建屋を含めて総工費は約3億円。

おすすめ記事(一部広告含む)