2020年6月19日

異形棒市況 関東、下値切上げ活発化

関東地区の異形棒鋼市況は下値切り上げの動きが活発化している。鉄スクラップ電炉買値の急騰を受け、電炉メーカーは相次いで販売価格の引き上げを発表。ゼネコンなど需要家側からは以前ほどの厳しい指し値は鳴りを潜めており、流通や商社は売り腰を強めている。

おすすめ記事(一部広告含む)