2020年6月24日

全国CC工組 7―9月も出荷大幅減 経産省ヒア「大半が赤字経営」

 全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)は23日、経済産業省のヒアリングに書面回答し、7―9月出荷量は前年同期比25・1%減の301万7000トンと大幅に減少するとの見通しを示した。新型コロナウイルス感染拡大の影響が尾を引き、需要回復には時間がかかると想定。薄利多売を前提とするコイルセンター業は「今の仕事量ではほとんどが赤字経営と思われる」と危機感をあらわにした。

おすすめ記事(一部広告含む)