2020年6月24日

CC出荷見通し 4―9月25%減609万トン

 全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)によると、2020年度上半期(4―9月)のコイルセンター出荷量は前年同期比25・0%減の608万6000トンと2年連続で減少する見通し。新型コロナウイルス影響で、上期いっぱいは製造業向けの需要が戻らず、7―9月も4―6月並みの低操業が続く。リーマン・ショック後に迎えた09年度上期の623万1383万トンをも下回り、年度上半期としてはバブル崩壊以降で最低となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)