2020年7月13日

サトイ金属、ベンディングロール増設 港センター機能充実化

 サトイ金属(本社=大阪市港区石田、里井毅社長)は今年4月に、港センター(大阪市港区石田)に540トンのベンディングロール1基を増設し、5月以降、順調に稼働している。増設設備は板厚で最大30ミリ、板幅で最大6メートルまで対応できる設備で、鋼板の曲げ加工機能の充実化を図るのが目的。曲げ加工量については現状の月間2000トン(厚板のみ)の継続を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)