2020年8月19日

ときわ会、7月末在庫1.8%減 仕入れ抑制姿勢が鮮明に

日本製鉄によると、形鋼扱い流通で構成する「ときわ会」のH形鋼の7月末在庫量は前月比1・8%減の16万2900トンだった。流通の仕入れ抑制の姿勢が鮮明で、在庫量は6カ月連続で減少。16万トン台が継続し、2011年1月以来の水準が続いている。足元の荷動きは低位安定で推移するが、市中では品薄となるサイズも一部散見し「在庫は低水準」(建材営業部)と認識する。

おすすめ記事(一部広告含む)