2020年8月25日

中央鋼材、未達分値上げ再徹底 採算改善、喫緊の課題

関東地区の大手流通、中央鋼材(本社=東京都中央区、後藤信三社長)は9月から未達分の値上げを再実行する。同社は7月からH形鋼や一般形鋼に関して累計でトン3000円の値上げを実施する意向を示しているが、足元では浸透が一部にとどまっている。今後の高値玉入庫や在庫簿価上昇を考慮すると、さらなる採算悪化が避けられず、積み残し分の値上げを再徹底する。

おすすめ記事(一部広告含む)